« ばら苑 | トップページ | 小さなシアワセ »

2008年6月 6日 (金)

野生のインコ

早々と、入梅してしまいました。

うっとうしい雨の合い間の晴れの日の夕方6時過ぎ、

いつものように、ハナの散歩に出かけました。

「ギーギー」という鳴き声に、上を見上げると、

ある御宅の庭のミモザの木に、見慣れないインコがいました。

Img_1061_2

夕方で、あまりうまく写真に撮れませんでした。

Img_1065

大型の薄緑いろの鳥です。

クチバシの形から、インコです。

7,8羽くらいのグループで、ミモザの実をサヤごとバリバリと、

大きな音をたてて、実をたべていました。

帰って、ネットで調べたところ、(ナンテ、ベンリなヨノナカだことsign03

「ワカケホンセイインコ」といわれる鳥でした。

いつかテレビで見た、東京工業大学をねぐらにしているという、あのインコです。

東工大の「幸島研究室」がこのインコの生態を調査していて、

去年の11月から行方知れずになり、情報を募集していました。

早速、目撃情報を連絡しました。

数日後の、曇りの日にも、そのミモザの木に行ってみました。

今回は、2羽だけでしたが、見物の女性がいました。

小さいお子さんをつれて、散歩されていて、

やはり、偶然、このワカケホンセイインコを見つけたということでした。

聞くと、オカメインコを飼われているということでした。

やはり、鳥好きは鳥好きを呼ぶのでしょうか。

|

« ばら苑 | トップページ | 小さなシアワセ »

」カテゴリの記事

コメント

野生のインコの話、面白いですね~
インコって、ペットのイメージしかなかったけど、もとは野生で(当たり前?)しかも害鳥だったなんて…
日本に最近、多くの野生のインコがいるってことも、全く知らなかった~
ペットのインコが(逃げだして?)段々変化して野生化していったのでしょうか…?
鳥好きは鳥好きを呼ぶ…本当にそうかもしれませんね(^o^)

投稿: 晴ボス | 2008年6月10日 (火) 22時29分

普通に歩いていたら、気づかなかったかもしれないのに、
本当に不思議です。
ハナがいるから、散歩に行けて、
私の世界も広がります。
このインコはおしゃべりができるみたい。
いつか、おしゃべりのできるインコも飼ってみたいです。

投稿: るるぴぃ | 2008年6月11日 (水) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ばら苑 | トップページ | 小さなシアワセ »